猫と魚の恋

タイトル:猫と魚の恋

ある日、猫のタマは、川岸で魚のハナと出会いました。タマはハナの美しさに一目惚れしましたが、ハナはタマのことを食べようとする敵だと思いました。タマはハナに恋心を伝えようとしましたが、ハナはタマの言葉を信じませんでした。タマはハナに自分の気持ちを証明するために、毎日川岸に来て、ハナのために歌を歌ったり、花を摘んだり、魚の餌を持ってきたりしました。ハナはタマの努力に感動し、少しずつタマのことを好きになりました。しかし、タマとハナは、水と陸という違う世界に住んでいたので、一緒になることはできませんでした。タマとハナは、どうすれば一緒になれるかと悩みました。ある日、タマはハナに言いました。「ハナ、僕と一緒に暮らそう。僕は君のために水槽を用意したよ。君が幸せになれるように、一生懸命世話をするから。」ハナはタマの言葉に涙しました。「タマ、ありがとう。でも、私は水槽では暮らせないの。私は自由に泳ぎたいの。君と一緒に暮らしたいけど、それは私の望むことじゃないの。」タマはハナの言葉に悲しみました。「ハナ、そうか。じゃあ、僕が君の世界に行こう。僕は君のために泳ぎ方を覚えるよ。君と一緒に川を泳ぎたいから。」ハナはタマの言葉に驚きました。「タマ、そんなことできないよ。君は水の中では息ができないの。君が水に入ったら、死んじゃうの。」タマはハナの言葉に決意しました。「ハナ、いいんだ。僕は君と一緒にいたいんだ。たとえそれが僕の命を失うことになっても。」タマはハナに別れを告げて、川に飛び込みました。ハナはタマを止めようとしましたが、間に合いませんでした。タマはハナのそばにたどり着きましたが、すぐに息ができなくなりました。タマはハナに微笑みました。「ハナ、君に会えてよかった。君が僕の初めての恋だった。さようなら。」タマはハナの頬にキスをして、目を閉じました。ハナはタマの姿に泣きました。「タマ、なんてことをしたの。君が死んじゃうなんて、私は望んでないの。君が生きていてくれるなら、私は君と離れていてもいいの。君が好きだった。ごめんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です